Chew for more trees (チューフォーモアツゥリーズ)桜の木のおもちゃ Mサイズ

定価: ¥2,520(税込)
価格: ¥1,512 (税込) 40%OFF
数量:
在庫: ×

30日間のサイズ交換、返金保証がついています。

chew for more trees ロゴ画像

森林保全団体“more trees(モア・ツゥリーズ)”が協力している製品です。
安心・安全な国産間伐材を使用
※素材: 桜 (主に岐阜県の山林で採れる間伐材)
無農薬
化学薬品不使用
日本製

適応犬種:中型~大型犬
サイズ: 直径約3cm× 全長20cm 
重量約52g

「Chew for more trees」は、犬の本能である「噛む」「壊す」を満たすドッグトイです。そもそも、自然から離れて暮らすワンちゃんは、ストレスを感じがち。「Chew for more trees」は、歯の生え換わりでムズムズする時期の子犬や、家具などをかじる癖のある愛犬におすすめです。

「Chew for more trees」で使用する木材は桜の木。バラ科の桜は香りが良く、ワンちゃんの食いつきも抜群です。果実の木や桜の木はトゲ(木の繊維)が飛び出さないのでささくれにくく、木くずが細かいので飲み込んでしまった場合でも安心です。農薬などの化学薬品を一切使用せず、じっくり年月をかけて天然乾燥し、無塗装で仕上げた安心・安全な製品をお客様のお手元に届けます。


more trees(モア・トゥリーズ)とは

一般社団法人more trees は「もっと木を」という呼びかけの下、音楽家の坂本龍一を筆頭に、細野晴臣、高橋幸宏、中沢新一、桑原茂一が発起人となり、100 人以上の賛同人を得て、2007 年7月に設立された森林保全団体です。
 日本の森林においては間伐を、熱帯地域や砂漠においては植林を進め、数々の森林再生プロジェクトに取り組んでいます。同時に、企業や一般人に向けてCO2を相殺する「カーボンオフセットサービス」 を展開。2009 年からは森のめぐみである間伐材を使って、オリジナルプロダクトの開発にも取り組み始めました。日本の木の柔らかな風合いや温もりを伝えると同時に、間伐を推進し、間伐材の需要を広めていきます。

chew for more trees 森林

今。日本の森に求められているのは” 木を切ること” です

日本は国土の67%が森林に覆われていますが、その森林の40%(国土の25%)は人の手で植えられた人工林です。そのほとんどが戦後の高度経済成長期に木材需要を見込んで植え替えられた、スギやヒノキなどの単一林です。
 人工林は定期的に間伐をしなければ健全な状態を保つことができません。なぜなら木が生長するにつれて、森林は徐々に過密状態となります。生育の悪い木や弱い木などを見極めて切り出し、残された木に十分な栄養を与えることが大切になります。木を間引くと、木と木の間に隙間ができ、太陽の光が差し込むようになります。光が差し込めば、地面に下草が生え、保水力が増すようになります。
 しかし安い外国産木材の影響で日本の林業は衰退してしまい、多くの人工林が手つかずのまま放置されているのが現状です。今、日本の森林に求められているのは“木を切ること” なのです。
※Chew for more treesは、売り上げの一部がmore treesに寄付されます。
⇒more trees ホームページ
http://www.more-trees.org/

chew for more trees プロダクトデザイナー
骨の形をモチーフにしたデザインは、more trees の賛同人であり
ミラノサローネ(世 界最大の家具見本市)でも活躍した若手実力派
プロダクトデザイナーの清水慶太氏が担当。

・清水慶太(しみず けいた) プロダクトデザイナー

・1974 年東京都生まれ。
・1998 年東京藝術大学美術学部デザイン科卒業。
・2000 年同大学大学院美術研究科修士課程修了。
・2003 年ミラノでの活動を開始。
・2004 年クリエイティブノルムを設立。
・2006 年活動の主軸を横浜に移転。
・2008 年ミラノ・サローネサテリテに「GIBA」として参加し、Design Report Award にノミネート。
・天童木工「PRUA」、添島勲商店 「IGSA series」 がグッドデザイン賞受賞
more trees 賛同人
●AOKI takamasa(音楽家) ●荒川眞一郎(ファッションデザイナー) ●石上純也(建築家) ●石川直樹(冒険家/写真家) ●伊勢谷友介(俳優 / 映画監督) ●上田義彦(写真家)●枝廣淳子(環境ジャーナリスト) ●エドツワキ(イラストレーター) ●小黒一三(編集者) ●川田龍平(参 議院議員) ●KIKI(モデル/女優) ●菊地敦己(アートディレクター) ●草野剛(アートディレクター) ●熊谷有記(インテリアデザイナー) ●見城徹(幻冬舎社長) ●小泉均(タイポグラファー) ●小林崇(tree house) ●小林武史(音楽プロデューサー) ●小林幹也(インテリアデ ザイナー) ●櫻井和寿(音楽家) ●佐藤直樹(アートディレクター) ●佐野史郎(俳優) ●清水慶太(インテリアデザイナー) ●祐真朋樹(スタ イリスト/写真家) ●鈴木正文(編集者/ジャーナリスト) ●セキユリヲ(グラフィックデザイナー)●大日本タイポ組合(グラフィックデザ イナー)●高城剛(映像作家/ DJ)●高橋理子(アーティスト/ HIROCOLEDGE) ●高谷史郎(芸術家)●瀧本幹也(写真家)●中島英樹(アートディ レクター)●長島有里枝(写真家)●中城敏(commmons/ プロデューサー)●中田英寿(FIFA 親善大使)●中渓宏一(アースウォーカー)●成宮 寛貴(俳優)●名和晃平(彫刻家) ●203gow(編み師) ●信國太志(ファッションデザイナー)●元ちとせ(歌手)●ピーター・バラカン(ブロー ドキャスター)●平間至(フォトグラファー)●ヒロ杉山(アートディレクター)●深澤直人(プロダクトデザイナー)●福岡伸一(分子生物学者) ●藤田志穂(シホ有限会社G-Revo 代表)●Paul Davis(Artist)●マエキタミヤコ(サステナ代表/コピーライター)●正木高志(エコロジスト /文筆家) ●松井龍哉(ロボットデザイナー)●村上龍(作家)●森本千絵(アートディレクター)●リリー・フランキー(作家/イラストレーター) ●和多利浩一(ワタリウム美術館キュレイター)他 ※五十音順、敬称略 ★2010 年1 月現在/ 155 名

↑30日間、サイズ交換も無料です。

 

↑サイズガイドとオーダーメイド詳細はこちらから

いぬのきもちWebにインタビューが掲載されています!

  動画完成しました!

商品は翌営業日までに発送いたします。
  • 今日
  • 定休日
  • 配送のみ

・商品は翌営業日までに発送いたします。
・TEL
048-242-3973
(平日9:00~12:00/14:00~17:00)

atelier Nokaブログ

ページトップへ