atelier Nokaブログ

ピノの6歳の誕生日に考えたこと

先週、5月9日は私の愛犬ピノの誕生日でした。
それにしても、ピノがうちに来てからの6年間は、本当にあっという間でした。
あれ、いつのまにこんなに時間がたった?といった感じです。


このスピードで進んでしまったら、一緒にいれる時間は
とっても短いような感じがしてしまって、少し寂しくもあったのですが、
誕生日のピノの写真を送った友達のひとりが
「どんどん可愛くなっているね!」とメッセージをくれて、ハッと気が付いたのです。
これから自分よりも先にどんどんと歳をとってしまうのかな、と考えてしまったけれど
その感覚は自分で設定してしまっているだけ。
実際は、ピノはまだまだ可愛く成長しています。
ついでに、「これからは年齢的に無理はできないなぁ」などと考えている自分自身にも
元気と美しさはこれからだよ、と勝手に設定しよう!


6歳のヨークシャテリア
6歳になったピノ
健康に気をつけて、これからも元気に楽しく過ごそうね!


4カ月のヨークシャテリアの小犬

それにしても、うちに来たばかりの、ちんちくりんなピノの写真には
いつも笑ってしまう。
ヨーキーは毛色が変わるし同じ犬に見えないー(笑)


 ***犬用レインコートのatelier Noka
日々の出来事と愛犬のレインウェアのこだわり***

  • 2018.05.15
  • 16:20

春になって

春分の日あたりの花や木の新芽がたくさん出てくる時期、
雨も多くなるので、仕事が急に忙しくなり毎年慌てます。


またブログの更新頻度が1ヶ月になってしまいました。
1~2月は、確定申告の時期とはいえ、比較的余裕があったのに
ブログが更新できなかったのはどうしてでしょうか。
私も草木と一緒でお休みモードと動き出すモードがあるのかもしれません。
毎年のことなので、スケジュールを立てて忙しさが均等になるように
すればいいのに、忙しくならないと動かないのです。


ビーグル犬とテリア犬の散歩の様子
ところで、8カ月になった小太郎は、体重が9キログラムを超えました。
いつも自分の散歩リードをくわえながら散歩しています。
獣医さんからは小さめのビーグルですね、と言われていたけれど、
この感じでは12キロくらいまで大きくなりそうな予感です。
我が家の犬たちは、犬種平均よりも大きくなる子が多いのだけれど、
いつもドッグフードの量を少なめにして、私たちと一緒の
野菜や肉を取り分けて足してあげているので、

人間と同じ食事をとっていた方が大きくなる、というのは本当かもしれません。


ピノは小犬の時、比較的おとなしく手がかからなかったので、
小太郎のやんちゃすぎる行動にはいつも目が離せなく、なにをしでかすか
わかりません。狩猟犬の系統だからなのか、動くものやヒラヒラしているもの
には必ず飛びつき、私のスカートも何枚か穴を開けられてしまいました(泣)
当分ズボンしか履けなそうです。


 ***犬用レインコートのatelier Noka
日々の出来事と愛犬のレインウェアのこだわり***

  • 2018.03.26
  • 11:03

落ち着ける梟書茶房のこと

先週の土曜日、昨年6月に池袋にオープンした
梟書茶房(フクロウショサボウ)に行って来ました。

図書館と昔ながらのコーヒー店が一緒になった雰囲気の、
シックな内装のカフェです。
会計のとき伝票ではなく鍵を渡すシステムになっていたり、
色々なところ、すべてを好きになってしまったカフェ。


池袋の梟書茶房
以前、蔦屋書店とスタバが一緒になっていて、
購入前の本を読んでも良いというスタイルに大変驚いたけれど、
私の場合は、まだ自分のものになっていない新しい本を
コーヒーで汚してしまったらどうしよう、と考えてしまって、
読んでもくつろげません。
その点、梟書茶房は、厳選されている1000冊ほどの本の中から
好きな本を選んで読めるという図書館スタイルの
ありそうでなかった形態がとても魅力的です。
食事は出てくるまでに少し時間がかかるけれど、これなら
待たされてもあまり気になりません。


販売用の本も置いてあるのですが、それはすべて
ブックカバーで隠されているシークレットブック。
書名や著者名も秘密で、その本の紹介文だけが
ブックカバーの上に添付されているスタイルで、つい買いたくなってしまいます。
この売り方を見ていると、いままで自分は、本の内容よりも
本の表紙の雰囲気とか、話題性だけで本を購入していたのかもしれないなぁ、
と反省してしまいました。


このカフェ、家の近くにあったら毎日通ってしまいそう!!


https://www.doutor.co.jp/fukuro/



 ***犬用レインコートのatelier Noka
日々の出来事と愛犬のレインウェアのこだわり***

  • 2018.02.13
  • 16:09

小太郎のレインコート

前回の雨のとき、6カ月になった小太郎に初めて
レインコートを着せてみました。
まだ少し大きくなりそうだし、フレンチブルドッグサイズがいいかな、
と思っていたのですが、現時点ではキャバリアサイズがぴったりでした。


レインウェアを着たビーグル犬
2017年1月現在の小太郎サイズ
首周 25cm/胴周 47cm
着丈 33cm/体重 6.7kg


サイズ測定は、小太郎がメジャーを引っ張ったり、カミカミしたり、
少しもじっとしていないので、とても測りにくかったです。
サイズ選びのお問合せのとき、お客様に気楽にサイズを聞いていたけれど
小犬や元気なワンちゃんの飼い主さんは、サイズ測定が大変なんだ、
ということに初めて気が付きました。

製作デザインに、試着で何度も付き合ってくれた柴犬のくうは
当時すでに10歳を過ぎていて、落ち着いているタイプだったし、
ピノは、はしゃいでいないときなら、サイズ測定は楽にできます。
同じ体重でも体格が全然ちがうから、一時期、サイズガイドに目安体重
を書いておくべきか悩んだ時期があったのですが、
体重でサイズの目安が分かるのも大事ですね。


小太郎は、雨の日の散歩が嫌いなピノに比べて、犬らしく、
雨の日も喜んでレインコートを着て散歩に行ってくれると思います。
くうは晩年の1年間くらいはほとんど散歩ができず、レインコートも
着せられなかったので、小太郎と一緒に散歩すれば、
もっとデザインについてなど気が付くことも多いと思います。


小太郎はお客様のワンコではないけれど、
『みんなのレインコートREVIEWS』にも掲載いたしました!!↓
http://atnoka.com/hpgen/HPB/entries/270.html


***犬用レインコートのatelier Noka
日々の出来事と愛犬のレインウェアのこだわり***

  • 2018.02.06
  • 15:15

モデルになってもらったオセロちゃん

6年ほど前、フード付きのレインコートの写真をお願いした
フレンチブルドッグのオセロちゃんに、リニューアルした
エリ付きレインコートの写真を、今回もお願いしました。


あれは、2011年の夏だったと思います。
PIXTAでオセロちゃんを見つけ、
オセロちゃんのお父さんに、写真撮影のお願いをしたのです。


まだ、アトリエ ノカのHPも出来上がっていない中、
写真撮影を快諾してくださり、本当にうれしかったのを覚えています。
レインコートは、家のワンコや友達ワンコ達には着てもらっていたのですが、
会ったことのないワンコに商品を着てもらうのは初めてだったので
レインコートを送るときはとてもドキドキしました。
その後、トップページの写真にも使わせていただいたり、
順調に販売を始められたのはオセロちゃんとお父さんのおかげなのです。


赤いレインコート着用のフレンチブルドッグ

商品ページではレインコートが良く見えるように、横向きの写真を

使わせていただいたため、この機会にお顔が良く見える写真を。
フレンチブルドッグは本当に表情が豊かなところが可愛く癒されますよね。


オセロちゃんのブログ「オセロのブヒブヒな日々」はこちらです→
http://frebullosero.blog13.fc2.com/


新しくなったフレンチブルドッグサイズのレインコートも
どうぞよろしくお願いいたします。


 ***犬用レインコートのatelier Noka
日々の出来事と愛犬のレインウェアのこだわり***

  • 2018.01.23
  • 11:40

2018年、明けましておめでとうございます。

2018年初のブログです!今年もたくさんのワンちゃんに、
良い商品を届けることができるよう、頑張りたいと思います。


今年は戌年、いぬ好きな私たちにとっては、少し特別感があるように感じましたが、
これを書いている10日の時点で私は、特別感を忘れています(笑)


毎年、感じることなのですが、「お正月らしく感じないなー」と思うことが多くなりました。
子供の時は、クリスマスから年末年始は、すごく特別な日々という
ワクワク感があったけれど、それを感じなくなったのは
自分の年齢なのか、もしくは時代なのか、どちらなのでしょうか?
でも、初日の出を見たり、地元の神社にお参りにいったり、
穏やかなお休みを過ごせるのは、一番いいことなのかもしれませんね。


今年も、皆様とワンちゃん達が、穏やかで良い日々を過ごせますように!

2018年1月  atelier Noka  矢作


 ***犬用レインコートのatelier Noka
日々の出来事と愛犬のレインウェアのこだわり***

  • 2018.01.10
  • 11:46

変えない方が簡単だ。

atelier Nokaでいちばん良く売れていたフレンチブルドッグサイズのレインコート。
迷いに迷って、今月から帽子なしタイプに統一することにしました。


この帽子付きデザインのレインコートは、6年前、atelier Nokaのお店を
オープンした時から作っていたデザインのため、思い入れがあったことや、
見た目にも可愛かったこと、フレンチブルドッグがフードを嫌がる子が
少なかったという理由で、ずっと残していたものです。


飼い主さん目線でみると、フード付きの方が見た目にも可愛いし、
乾かしにくい耳の後ろあたりが濡れないのはとても便利です。
ただ、2カ月前になくなってしまった実家の柴犬のくうに
帽子をかぶせると、何度も首を振る仕草をするのがずっと心に残っていました。
それと、自分の愛犬が帽子を嫌がるか、嫌がらないかは案外分からないものです。
うちのコタロウも、まだ4カ月で、雨の日の散歩の機会がなく、
帽子付きのレインコートは着せてみないと、どういう反応をするのかわかりません。
まあ、帽子を嫌がった場合は、背中側にしておけば良いだけの話なのですが。


結果的に、最初に考えたコンセプト、犬が嫌がらなくて着せやすい
シンプルで高性能なレインコートを作ろう!という原点に帰って、
また、自分がどうしたいのか、という気持ちに忠実になり
すべてのサイズを帽子なしにすることにしました。


また、自分の中で、売れ筋なので変えたくない、という気持ちがずっとあったのですが
変えない方が問題が起きなくて楽なのだ、と考えている
自分の中の保守的な気持ちにも気が付いてしまったのです。
結論的には、変えてみて前の方が良い、と分かったらまた変更すれば良いことだし、
何も変えないこと自体が問題なのかなと思っています。


***********

あっという間に年末になってしまいましたね。
私は一年、問題なく過ごせたことへの安心感と
「もう年末!あれもこれもやらないと!」という焦りが交差しています。
今年も本当にありがとうございました。
来年が、穏やかで良い一年になりますように。


 ***犬用レインコートのatelier Noka
日々の出来事と愛犬のレインウェアのこだわり***

  • 2017.12.26
  • 11:45

どれも正解。

あっというまに12月のクリスマスシーズンになりましたね。
日曜日私は、友達と友達のこどもと、みんなで4人で
花のキャンドルアレンジメントを作りました。
作成日の前週は、浅草橋のお店で、好きな造花と花の器をそれぞれ選んで、
日曜日にウチで作成するというスケジュールでした。


クリスマスのキャンドルアレンジメント

作ったアレンジメント。みんな素敵な仕上がりです。


実は私は、この仕事を始める前、派遣で事務職をしていたのですが、
その前は5年間ほど花関係の仕事をしていたのです。
花材を買いに行ってから、
置く場所を選ぶ色の組み合わせだったかな、とか
少し器に対して花が大きすぎるかも、とか
透明の器は花を挿すスポンジを隠すのが難易度高いよね、、、
などと、一応私がアドバイスするという役割だったので、
作品が出来上がるまで少し心配をしていました。


でも、大きい花が入っている一番左のの作品は、コロンとした形が
とても可愛い仕上がりになったし、
葉っぱの側面を見せた透明の器のデザインは、小学生の作品には見えない仕上がりです。
ブルーのバラと黒色の葉の一番右の作品は、思ったよりも場所を選ばず、
窓辺に飾ったり、どんな場所にも馴染みそう!
対して、私の作った作品は、大きさと面が揃っている分、無難というか、
面白みのない作品になってしまった気がします。


アレンジメント作成のことを仕事に置き換えてみると、
サイズ交換フリーとか、ハーネス用の穴あけをアフターフォローでしたり、
他のお店がやっていないことをやっていると、ときどき心配しすぎて
他のお店がみんなやっている方法で売ったほうが良いし、安心だよね、
と思ってしまう時がけっこうあるのですが、
ビジネスでも「こうしたら良くない」といったものは
何もなく、自分がどうしたいのかが重要で
どんなことも不正解なんてないんだな、と考えた日曜日でした。


 ***犬用レインコートのatelier Noka
日々の出来事と愛犬のレインウェアのこだわり***

  • 2017.12.20
  • 11:03

ピノと小太郎

小太郎が実家にやってきてから、1ヶ月以上が経ったのに、ピノは
小太郎とあまり仲良くできません。
小太郎はピノと遊びたくてしょうがなく、
じゃれついたり、しっぽをつかんだりして「遊ぼうよ!」
と言っているのですが、ピノはいつも逃げて回っています。


ヨークシャテリアとビーグル犬の小犬


小太郎が元気すぎるというのもあるし、
ピノはもともと犬と触れ合うのがあまり好きではないので
しょうがないのですが、「ウー」と警戒することの多いピノを見ると
もう少し可愛いらしい触れ合いが見てみたいな、と思うのです。


ただ、ピノは相手が小犬だということは分かっているみたいで、
たとえば、おやつをあげるときは必ずピノからあげるようにしているのですが、
小太郎に横取りされても好きにさせていたり、
(おやつや食べ物に生きがいを感じているピノが!)
大人になったなぁと思うことも多いです。
また、怒ることも多いのですが、本気のケンカにはならないので
一応ピノは手加減をしてくれているみたいです。


それと、柔らかいおもちゃに吸い付きながら、そのまま
寝てしまうという、赤ちゃんのような行動をピノは良くしていたのですが、
小太郎が来てから、その癖をまったく見なくなったのです。
ピノはもう5歳半ですが、今になって自分が大人だということに
気が付いたのかもしれません。


 ***犬用レインコートのatelier Noka
日々の出来事と愛犬のレインウェアのこだわり***

  • 2017.11.28
  • 15:38

面白かったラ・ラ・ランド

10月は雨が多かったり、コタロウを迎えたばかりで忙しかったのですが、
この前の3連休は久しぶりにゆっくりできそうだったので、近所のツタヤで
DVDを借りました。見た映画は『La La Land』。
カリフォルニアが舞台になっている、ミュージカル映画を思わせる作品です。
この映画が好きすぎて、ロサンゼルスのロケ地巡りをする人も多いそう。


私にとっても、何度も見みたい!と思う映画でした。
まず、シーンの一つ一つが綺麗な背景で、カラフルな衣装などすべての場面が美しい。
そして物語の前半では、なかなか主人公二人の関係が進まないように感じるけれど、
後半ぐっと引き込まれて、えっ!と思ってしまう結末。
夢と現実をどのようにバランスをとって歩いていかなければ
ならないのか分からない2人に、自分も重ねてしまいます。


私は、映画予告の明るさから、ハッピーエンドになると思って見てしまったので、

最後の結末を消化しきれず、次の日もまた見てしまいました。
DVDは返却してしまったけれど、また借りよう。

私もカリフォルニアのロケ地巡りに行きたいな。


⇒La La Land紹介
・公式サイト
http://gaga.ne.jp/lalaland/


・ツタヤのサイト
http://tsutaya.tsite.jp/item/movie/PTA0000RLK1Y


 ***犬用レインコートのatelier Noka
日々の出来事と愛犬のレインウェアのこだわり***


  • 2017.11.14
  • 16:01

↑30日間、サイズ交換も無料です。

アトリエ ノカレインコートの特徴

 

↑サイズの選び方はこちらから

いぬのきもちWebにインタビューが掲載されています!

  動画完成しました!

商品は翌営業日までに発送いたします。
  • 今日
  • 定休日
  • 配送のみ

・商品は1~2営業日以内に発送いたします。
・TEL
048-242-3973
(平日9:00~12:00/
    14:00~17:00)

atelier Nokaブログ

ページトップへ