atelier Nokaブログ

縫っている時間と、嬉しいこと。

このような仕事をしていると、裁縫が好きなのね、とよく言われますが、
自分ではそこまで好きではないような気がしています。
なぜなら、好きなことは時間を忘れると言われるけれど、
わたしの場合、1時間くらい連続して縫ってると疲れてくるから(笑)

それと、どちらかというと、一日中1つのことを集中してやるよりも
少しずつ、いろいろなことをやりたいタイプで、毎日
メールチェック→掃除→発送用意→犬の散歩→サイトの修正
などど、こまこまと小さいことを順番でやって1日を過ごしていく
方が好きです。

そんな感じで、1日がすぐに過ぎてしまうので、仕事以外で
縫製をすることはほとんどなく、去年マスクが不足していた時期も、
自分では作らず、母が作ってくれたマスクをしていた程なのですが、
今月のゴールデンウイークも、このような時に遠出する気にはならず、
良いリネンの生地を販売しているお店をネットで見つけたこともあって
久しぶりに自分のズボンを作りました。出来上がるとやっぱりうれしくて
今はスカートを作っています。


先日、お客様からいただいたお手紙に、こういう世情でも
「楽しいこと、嬉しいこと、美しいものは変わらずあるものですね、」
とあったけれど、ほんとそうだなぁ、と思います。
私の場合は、食べること、作ったものが出来上がるとき、育てた花が咲くとき
などが当てはまるかなー、と考えました。
移動することが制限されているときだからこそ、小さいことでも、
たくさん探したいな、と思うこの頃です。


***犬用レインコートのatelier Noka
日々の出来事と愛犬のレインウェアのこだわり***

  • 2021.05.18
  • 11:18

ハマっている多肉植物のこと

昔から植物を育てるのが好きで、ベランダや窓際にいくつか
植木鉢を置いています。

いままで、シダなどの半日陰で育つ植物も、
外できちんと風や日光に当てた方が良く育つ、と感じていて、
部屋の中で植物を育てたことはほとんどなかったのですが、
最近、多肉植物のハオルシアという品種の、みずみずしい透明な葉を
じっくり見たくて屋内の窓際で育てています。


窓際の植物たち


実は購入してから少しベランダで育てていたのですが、
朝冷える日に葉の中の水分が凍ってしまうと致命的だったのと、
埃をかぶってしまうとハオルシアの透明感をうまく見れないので
部屋の中に移動しました。


多肉植物は、成長のスピードが遅いので、毎日の変化はあまり感じませんが、
草花や木よりも花芽や子株の出方が予想外のことが多くて、
一日ごとの大きな変化はないけれど、季節ごとにちいさな驚きが
多いのが面白いです。
うまく育っていると、小さな花も見せてくれて可愛いです。


***犬用レインコートのatelier Noka
日々の出来事と愛犬のレインウェアのこだわり***

  • 2021.04.20
  • 15:35

大きめ柴犬サイズのレインコートとモデルの杏ちゃんの話

春の陽気を感じることが多くなった3月、
鼻がむずむずする日も多いですが、みなさん元気に過ごされていますか?


アトリエ ノカは、先月【大きめ柴犬サイズのレインコート】
を発売しました。
対象の目安体重が12~14キログラム、商品名からして
かなりニッチな商品だなー、と思っていたのですが、
以前は、柴犬サイズや紀州犬サイズをご購入していた方も
買ってくださっていて、もっと前から発売しておいた方が良かったー、
と思っています。



そしてこのレインコート商品ページに着用モデルとして登場しているワンちゃんは、
私の妹のワンコで、名前は「杏(あん)ちゃん」といいます。


レインウェアを着てお座りするミックス犬

ラブラドールや紀州犬のミックスだと思われる、とてもシャイな女の子です。
ビビり屋さんなので、外ではなく家の中で撮影をしてもらいました。
レインコートにも驚いてしまうかな、と少し心配も
あったのですが、可愛く写真を撮らせてくれました!!


「大きめ柴犬サイズ」というネーミングなので、少し大きい柴犬に
モデルになってもらおうと、実は、2日間ほど「大きめ柴犬のモデル募集中!!」と
ホームページに記載していたのですが、杏ちゃんに丁度いいサイズだったので、
急きょ、お願いをしました。
ネーミングに柴犬が入っていますが、モデルを柴犬っぽくないワンコにすることで、
柴犬でないワンちゃんにも着ていただけるということが伝わり
かえって良かったと思っています
Sサイズ、Mサイズ、Lサイズなどと記載されていても
どのくらいの大きさなのか分からないことが多くて
犬種名+サイズというネーミングにしたのは、サイズのイメージが
伝わりやすいかな、と考えた為でもあったので。

それでは、新しくサイズに加わった【大きめ柴犬サイズのレインコート】
も、どうぞよろしくお願いいたします。∪=^ω^=∪ 


***犬用レインコートのatelier Noka
日々の出来事と愛犬のレインウェアのこだわり***

  • 2021.03.10
  • 17:18

2021年、新年のごあいさつ

2020年は大変な年でしたね。
人との接触を少なくするため、人と会う機会が減り、
色々な変化に不安に思う日が多かったと思います。
2021年も、こういうことがもう少し続きそうですよね。。。

でも、こんなとき、犬と遊んだり、なでたり、触れ合ったり、
散歩行くだけでも、気分転換になったり、安心したりすることを
感じた飼い主さんたちも多いと思います。

犬を飼うのは大変なことの方が多いけれど、
私もピノと小太郎が居てくれてよかったなぁ、と思います。
まだ大変な時期は続きそうだけれど、普段の生活の中で
大切なものや時間が、分かりやすくなっているように感じます。

人の価値観や社会のシステムがどんどん変わっていくだろう2021年。
心配なことも多いと思うけれど、明るくなってゆく方に目を向けたいな
と思っています。

ヨークシャテリアとビーグル犬 2021新年

今年もどうぞよろしくお願いいたします。
2021年1月6日 atelier Noka 矢作



***犬用レインコートのatelier Noka
日々の出来事と愛犬のレインウェアのこだわり***

  • 2021.01.06
  • 16:19

ゆるく、ベジタリアン

2020年の今年を象徴する食を選ぶ「今年の一皿」に「テイクアウトグルメ」
が選ばれたそうですが、その候補に「シャインマスカット」や「ノンアルコールドリンク」
「代替肉」などがあったそうです。
大手のファーストフード店やメーカーが代替肉の商品を相次いで発表していて
話題になっていたり、「ベジタリアン」や「ビーガン」という言葉もよく聞くようになりましたね。

犬と暮らしている人は、動物好きの人が多いと思うけれど、私も含め
肉を食べない「ベジタリアン」というキーワードが気になっている人が多いと思います。
でも日本国内ではまだ、周りにベジタリアンの知り合いがいないと言う人も多いと思います。
そもそも、肉を食べないと元気が出ないとか、栄養が偏る、という考え方が一般的で
動物を食べるという行為に違和感もあるけれど、なるべく深く考えないようにして
肉を食べている人が多いと思います。

私は、10年ほど前にマクロビオテックを試したことがあって、その時は残留農薬を気にしたのが
きっかけだったのですが、肉をたべないという食事法は
特に外食の時などは難しく、完璧にやろうとしてなかなか続けられませんでした。
でもその後、コロナの影響で外出制限があった今年の3月くらいから、
家でゆっくり料理をする時間も増え
そのあたりからなんとなく、自分の調理する食材を気にするようになって
豚肉や牛肉を材料にする料理を作らなくなったり、週2~3日だけベジタリアンの日を
作ったりして今日まで過ごしています。


私の場合は、鶏肉や魚、乳製品や卵は食べていて、テイクアウトの食事では豚肉や牛肉を
食べることもあるので、ベジタリアンです、とはいえないけれど、
消化に時間がかかる肉を食べる量を減らしただけでも
昼間眠くなってしまうことが圧倒的に少なくなったと思います。
厳密には、午後眠くなる日もあるのですが、以前のようにダルさを含んだ眠気が少なくなりました。
コロナ渦の中で暗いニュースも多いなかでは、前向きになれる健康な体と心がいちばんです。

コロナが流行している間は、外食の機会も減ってがっかりしている人も多いと
思うけれど、その分、自分の食事内容に目が届く時間も増えると思います。
週末だけベジタリアンになってみたり、ゆるく自分の食べ物に気を付けてみるだけでも、
みんなが、環境と自分にやさしい、新しい時代の流れに乗れるのではないかなぁ、と思っています。


***犬用レインコートのatelier Noka
日々の出来事と愛犬のレインウェアのこだわり***

  • 2020.12.15
  • 16:39

大きめ柴犬サイズの作成 

今、大きめの柴犬サイズの作製にとりかかっています。

現在、柴犬用のサイズの目安は8~12キロ、紀州犬サイズは12キロ~20キロ
のワンちゃん用にと、大体の体重をカバーしているのですが、
この2つのサイズの着丈に10センチの開きがあり
10キログラム前半、大体12キロ~13キログラムの
ワンちゃんだと紀州犬サイズだと少し大き目で、
以前は丈直しや柴犬サイズのお腹ベルトをお直しして対応させていただいて
いたのですが、ピッタリの大きさを届けること、
サイズ交換を簡単にできるようにするには、お直しには限界があり、
既製品としてこのサイズが必要だと考え、作り始めています。


大きめの柴犬サイズの着丈は、柴と紀州犬サイズの間の45センチにしようということは
すぐに決めたのですが、お腹ベルトの長さや後ろ足の太もも部分に来るカーブの
具合に悩んで、1週間ほど微調整をしながら仕上げました。
そう、atelier Nokaのレインコートは、すべてのサイズをただ単純に倍率を大きくしたり
小さくしたりして作っているわけではないのです。


犬用レインコートの型紙


たまに、商品はどこで作られているのですか、という質問を受けるのですが、
縫製は日本国内の工房にお願いをしていて、発送やサイトの管理、
ハーネス用の穴あけ、レインコートのデザインや型紙作製は
アトリエ ノカで作業しています。
写真は型紙を作っているところで、みての通り、とてもアナログな方法で描いています。

今は、atelier Nokaで作った型紙を縫製業者さんに渡してサンプルを作っていただいている
段階で、そのあと確認や調節をし、本生産に入ります。
今回は前後のサイズと大きさが似ているのでサイズ表示のラベルを作ってもらったり
シンプルで簡単そうに見えるデザインだからこそ、色々と考えることが多いものです。

現在在庫切れの柴犬サイズとフレンチブルドッグサイズを納品してからの
本生産なので、出来上がりは来年の1月から2月くらいになってしまうと思うのですが、
12キロ~14キロくらいのワンちゃんと暮らしている飼い主様、
ピッタリなサイズが出来上がると思いますので、もう少し待っていてください。

***犬用レインコートのatelier Noka
日々の出来事と愛犬のレインウェアのこだわり***

  • 2020.11.24
  • 11:19

ピノが入院したこと

先月の半ば、ピノが急性すい炎になってしまい入院、という、
とてもショックな出来事がありました。

入院が決まった前日、ピノはご飯を食べず吐いてしまったのですが
前回のブログに書いたように、夏に何度か経験した症状だったので
私は、「夏の疲れが出たのかな、でもすぐ直るだろう」と思って
病院には連れていきませんでした。
その日は、庭で遊ばせていた時に雑草も食べていたので、胃もたれも
あるのかなと思って大きな心配はしませんでした。

次の日の午前中は、ご飯も食べず、いつもよりぐたっとしていたので、
病院に連れて行ったのですが、お薬をもらったらすぐに帰れるだろうと
軽く見ていたところ、血液検査の結果がかなりひどい数値で即入院になってしまいました。
先生からは、この様子と数値だと家に帰れずこのまま亡くなってしまう可能性も
あります、と言われ私の頭の中は真っ白になってしまったのでした。

結果的には、新しいすい炎のお薬と点滴など、先生が休診日も
対応してくださりで、5日目には元気に退院できることになったのですが、
すぐに病院に連れて行かなかったことへの後悔や、
病院でひとり寂しくないだろうか、痛くないだろうかなどと考えると
夜は眠りが浅く、自分の仕事も手に付かない状態でした。

今回は幸い、お見舞いに様子を見に行くごとに、元気になっている姿を確認できて
順調に退院できたのですが、あのままピノが家に帰れなかったら
ずっと後悔が残っていたことでしょう。
今回のことをきっかけに、何か様子が違っているときは、
どんなときでもすぐに病院に行こうと学んだのでした。


気がつけばピノも8歳を過ぎ、シニアと言われる世代です。
時間が経つのは早く、自分の犬はまだ若いと考えてしまいがちですが
これからは、今までよりももっと健康にも気をつけなければいけません。
入院の5日間はとても長く感じたけれど、食事やおやつの内容なども
考える良いきっかけになったと思っています。


嬉しそうなビーグル犬とヨークシャテリア

↑ピノが退院できてうれしそうな小太郎。
小太郎は、ピノがどうして帰ってこないのか分からなかったから
一番さみしい思いをしたかもしれません。
今は、ピノも元気にしています。

***犬用レインコートのatelier Noka
日々の出来事と愛犬のレインウェアのこだわり***

夏バテとごはんの話

朝晩は涼しい風が吹くようになり、少し秋らしさを感じる時期になりましたね。
コロナウイルスの影響で、いつもとは少し違った夏でしたが
みなさんやワンちゃんはどのように過ごしていましたか?


今年は梅雨が長かった後、急に猛暑日になったせいで、ピノと小太郎は
7月の下旬にご飯を食べなかったり、下痢をしたりの夏バテを経験しました。
ピノはそれほどひどくなかったのですが、小太郎は病院で注射を
打ってもらうほどで、幸い、飲み薬と朝晩のご飯に消化のいいお米を混ぜることで
すぐに回復しましたが、今までご飯を食べない日などなく
なんでもよく食べた小太郎だったので、その時はとても心配をしました。


私はというと、猛暑と言われた割には比較的元気に過ごせました。
実は去年に、冷たいものを食べすぎて、夏バテがひどかったので、
今年は、なるべく氷の入った飲み物やアイスクリームなどを
控えて過ごしていたのです。
去年ハマっていた、果物のスムージーも体を冷やすと聞き飲みませんでした。


今から思えば、美容や健康にいいと言われていたスムージーを飲みすぎ
たことが、かえって元気が出ない原因になったのかな、と思います。
結局、他の人が良いと言っている食べ物や食事法や健康法も
合うか合わないかは人それぞれで、自分にしかわからないものだなと思いました。
メディアや雑誌の話は、どうしても惑わされてしまうけれど、
自分にとっての正解や答えは自分にしか分からないもので、
自然にいちばん近く、昔から言われている
食事法や健康法がいちばんなのかな、とも思った夏でした。


***犬用レインコートのatelier Noka
日々の出来事と愛犬のレインウェアのこだわり***

  • 2020.09.08
  • 11:29

時間が解決してくれる、の意味

最近よく、時間の使い方について考えるのだけれども、
問題が起こったときによく聞く「時間が解決してくれる」
という言葉は、たいていは「時間がたてば、自然に解決する」
の意味で使われるけれども、最近では
「時間がもっとあれば、解決する」の意味で使ったほうが
使用頻度が多くなるのではないかと思います。


私たちがよく口にする「疲れた~」も、睡眠を多くとったり休めば
治ることが多いし、誰かに対して感じるイライラも、
思った通りに物事が進んでいないことに対しての怒りが多いので
結局は、相手に対してのイライラよりも、時間が少ないことに対して
のイライラの場合が多いように感じます。


コロナウィルスの話題と一緒に最近よく聞く5Gですが、
これからは今までと比べて、すべてのことが瞬時に出来るようになり、
待ち時間が少なくなるのと同時に、設定に時間のかかる製品や、
説明書が必要なものだったり、複雑な機能の製品は、
どんどん売れなくなってくるような予感がします。
コロナが現れたことによって、空間や距離の感覚が変わってきたのと並行して
時間の感覚も変わっていくのだろうと思います。


煩わしく感じる時間が減って、楽しい時間が増える未来が
来るといいな、と思っています。


***犬用レインコートのatelier Noka
日々の出来事と愛犬のレインウェアのこだわり***

  • 2020.07.07
  • 11:03

レインコートと時間の関係

atelier Nokaのレインコートは、高いと言う人と安いと言う人がいます。
たしかに、ペットショップで売っているレインコートは2千円位から
あるので、高いと思うかもしれないし、
高機能素材の海外製のレインコートは
2万円近くするものが多いので、安く感じる人もいると思う。

自分としては、原価や他の製品や作業時間のことを見てもらって
良く考えて付けたので、今となっては(最初高いなと思ったけれど)
安いとも高いとも思わなくなりました。
でもこれは、売る立場からの目線での感覚で
買ってくれる人の立場からみたら、どんな風に感じるのだろうと
考える時があります。

商品を買う時に、見た目とか、本当に必要なのかとか、長く使えるかとか、
色々考えて買うと思うけれど、今回時間とお金の関係からから考察してみました。


仮に1ヶ月間に、
【散歩に行く時間に雨】というシチュエーションが5日あるとして、、、

・レインコートを着ていることで犬の毛を乾かす時間が15分短縮
・乾かす時間を仕事としての時間、時給1500円と考える
⇒一回あたり、375円分の時間節約
⇒1ヶ月1875円分の時間節約

仮に中型犬サイズのレインコート
送料込みで9620円を買うとして、計算すると、、、
5カ月ほどで、もとがとれる!!

これは人によって、またワンちゃんによっても違うと思うので、
自分時間の金額と、ワンちゃんの大きさやドライヤーをかける時間
などを考えて計算してみると面白いかもしれないです。


このように、たとえば家電を買う時に、時間をお金に換算するということは
しない人が多いと思うけれど、自分の時間のことも考えて商品選びを
すると、また違う目線で考えられて面白いと思います。



***犬用レインコートのatelier Noka
日々の出来事と愛犬のレインウェアのこだわり***

↑30日間、サイズ交換も無料です。

アトリエ ノカレインコートの特徴

 

↑サイズの選び方はこちらから

atelier Nokaブログ

  動画完成しました!

商品は3営業日以内に発送いたします。
  • 今日
  • 定休日
  • 配送のみ

・商品は3営業日以内に発送いたします。
・TEL
048-242-3973
(平日9:00~12:00/
    14:00~17:00)

ページトップへ