atelier Nokaブログ

コーヒー豆を煎る

以前から好きなコーヒー。
3年ほど前もコーヒーの生豆をフライパンで焙煎したことが
あったのですが、先週末はお米を炊くときに使っていた
南部鉄器のお釜で焙煎してみました。
あまり期待していなかったのですが、出来あがったコーヒーは、
とっても、美味しい!!


以前は、ゴマを煎る小さなフライパンで煎ったため
焼きムラが多く、味も微妙だったので、すぐに辞めてしまったけれど、
今回はいつも通っているコーヒー店のマスターが生豆販売OKと
言ってくれたことと、厚めの釜の方が、じんわりと均等に熱くなって
うまく焙煎できるのではないかと考えての再チャレンジでした。


自分で焙煎したコーヒー


ところで私は、とても心配性なので、お店の商品を送った後でも、
サイズは大丈夫だっただろうかとか、時間通りに配達されたかな、
など、今心配をしてもどうにもならないことを考えてしまうことが多いです。
何か問題があったら、その時にすぐに対応すればいいことなのに、
雨が続いて忙しい時ほど、心配が多くなってしまいます。


でも、何か好きなことを集中して無心になってやっていると
日常の心配を忘れられるので、とても落ち着きます。
きっと、編み物や刺繍とか、プラモデルを作るようなことが趣味な人達も、
手を動かして、少しずつ出来上がっていくことに
集中できるので、同じような感覚なのかなー、と思います。
コーヒーの焙煎の場合は、豆の色が少しずつ変わっていく
過程を、じーっと見ているのがとても楽しい!


趣味で作る物や食べ物は、材料をそろえたりする手間や作成の時間を
考えると、出来たものを買ったほうが、ちゃんとしているし
安かったりするのだけれど、でも、そこに自分が楽しいという
時間が加わると、値段以上の価値があるのではないのかと、思っています。


***犬用レインコートのatelier Noka
日々の出来事と愛犬のレインウェアのこだわり***

  • 2019.03.12
  • 17:52

好きなことを続けること

短大時代からの部活の友達が、自宅のすぐ横に
お花屋さんをオープンしたので、先週末遊びに行ってきました。

彼女のお店は、シックでナチュラルで、少しアンティーク感もある
ヨーロッパ的な雰囲気のお店です。
置いてある花は、ニュアンスのある落ち着いた色の花が多く、素敵すぎて、
ずっと居たくなってしまう空間なんです。


その友達は、短大を出てから花を学んで、それからずっと
花屋さんで仕事をしています。
対して私は、花の仕事を5年ほど、派遣での事務職が4年ほど、
今の通販の仕事が8年目と、中途半端な経歴なので、
ひとつのことを、ずーっと続けてるのってすごいなー、
とお花のセンスを見ながら感じたのでした。

ちょうどいま、私は確定申告の時期なので、
数字を見ながらパソコンに向かっていると、
一人で仕事をしているポツンとした感じを受けてしまい、余計、
カフェを経営したり、店舗のある接客業の仕事に憧れをもってしまいます。


でも、一人で作業をしていても、縫ってくれる業者の方、
サイトの更新を手伝ってくれる妹、買ってくれるひと、
使ってくれている人と犬たち、、、
個人事業とはいえ、個人ではないなと、
彼女のお店で買ったテーブル上の花に元気をもらう、2月です。


生田,読売ランド前,花,アレンジメント,フローリスト

https://www.instagram.com/5513.fiore.mari/
神奈川県の生田駅or読売ランド前駅が最寄り駅
近くの方は是非♪


***犬用レインコートのatelier Noka
日々の出来事と愛犬のレインウェアのこだわり***

  • 2019.02.19
  • 16:50

2019年☆1年があっという間という感覚をなくしたい

こんにちは!今日は、1月15日。今年初めのブログです。
ちょっと前までお正月だったのに、もう半月も経ってしまった
なぁ。。。という感じかします。


年末に、1年間がとても早くて、やりたかったことが出来ていないなぁ、
私自身が何も変わっていないなぁ、と思っていたところ、
「年単位で昔のことを振り返った場合、数日間単位で考えるよりも
時間が早く過ぎていると錯覚する」ということを聞きました。
つまり、過去のことを振り返る場合、短い単位で振り返った方が
時間をたくさん使えていると、感じるそうです。


なので、日記帳やスケジュール帳などを利用して、
その日のこととか、1週間などの細かいスパンで振り返ると良いそうです。
特に、その日1日や1週間の、良かったことや楽しかったこと、
いつもと違う新しい体験や発見を見つけて、短い単位でメモや手帳に記録すると、
振り返ったときに充実して良い一年だったなぁ、と思うそうですよ。


ちょうど昨日、ピノと散歩をしているとき、
成人式だったので、着物姿でお母さんに写真を撮ってもらっている
二十歳の女の子をみたとき、そういえば、私も家の前で写真を
撮ってもらったなぁ、と数年前の思い出の様に感じたけれど、
良く考えるとそれはもう20年前のこと!!
すごい時間感覚の違いを感じたけれど
それは、けっこう昔のことを振り返っているからだよね、と納得しました。


毎日日記のようなことを書くのは難しいけれど、
今年は、手帳に新しく始めたこと&楽しかったことにはピンクの星印を
付けて、年末になったときに、たくさん集まっているようにしよう!!


2019,バスツアー,はちみつ養蜂所,いちご狩り

今年初めの星印☆ バスツアーで、養蜂所見学やいちご狩りに行きました。
それでは、今年もどうぞよろしくお願いいたします。


***犬用レインコートのatelier Noka
日々の出来事と愛犬のレインウェアのこだわり***

  • 2019.01.15
  • 17:58

おくりものはナンニモナイ

クリスマスが近いと、身近な人への贈り物を考えるけれど、
私はここ数年、リクエストがなければ、食べてなくなってしまうもの
を渡すようにしています。
私たちは、生活に必要なものは十分すぎるほど持っていると思うし、
他の人からいただいたものは、必要がなくなっても、捨てにくいから。


そして、プレゼントについての考え方を変えてくれる、私の好きな本がこちら


『おくりものはナンニモナイ』の絵本

『おくりものはナンニモナイ』パトリック・マクドネル著/谷川俊太郎訳


猫のムーチは、大好きな犬のアールにプレゼントをあげようと
考えるのですが、何をあげようか迷いに迷い、結局渡したものは?というお話。
「Less is more、少ないほど豊かだ」という私の好きな考え方が、
とっても可愛く書かれています。


とはいえ、小さい子供達は、やっぱりプレゼントがあった方が喜ぶと思うので、
私は甥っ子姪っ子には、毎年、絵本とクッキーなど、置き場所に困らないものを
渡しています。今年はこの本をプレゼントしようかな(笑)


本当は、ワンちゃんのクリスマスプレゼントに、こんなものはいかが?
というようなブログを書かなければいけないのかもしれないのだけれど、
ワンコも、たくさん持っているおもちゃや洋服をもらえるよりも、
飼い主さんと過ごせる時間が長い方が、喜んでくれるのかもしれませんねー。


***犬用レインコートのatelier Noka
日々の出来事と愛犬のレインウェアのこだわり***

  • 2018.12.04
  • 11:31

飼い主の共通点

表紙のワンちゃんが小太郎にそっくりで、つい買ってしまった
『Wan ビーグル特集』。
内容も面白くて、時間があるとき、ちょくちょく読んでいます。
ビーグル犬の飼い主さんたちの投稿を読むと、
自分の家と同じような話が多くて
会ったことはなくても、知っているような親近感をもってしまいます。


前回、似ている犬同士は仲良くなりやすいかもしれない、と書いたけれど、
飼い主達も、同じような犬を飼っているということは、
考えていることが似ているからなのか、話やすいと思います。
私の妹はイタリアン・グレイハウンドという犬種の犬を飼っていて、
同じ犬種に会うとワンコの喜び方が違うからと
車で2時間くらいかけて、その犬種の集まりに行ったりしています。


wan2018年9月号表紙


表紙に「明るさと食欲は誰にも負けない!」って書いてあるっ!
ビーグル犬は、本当にその通り。みんな同じなんだね(笑)


***犬用レインコートのatelier Noka
日々の出来事と愛犬のレインウェアのこだわり***

  • 2018.11.06
  • 16:05

犬は自分の姿・形を分かっているのか?

散歩のとき、前から思っていたことなのですが、
わが家のヨークシャテリアのピノも、ビーグルの小太郎も
自分と姿や形が似ている犬ほど仲良くなりやすいように感じます。


ピノは、シャイなので、基本的に他の犬と会っても、
私の陰にかくれたり、知らないふりをしてわざと遠くを歩いたりするのですが、
自分と同じくらいの大きさでふんわりした長毛種のワンちゃんや
自分と似ているおとなしい感じの雰囲気のワンちゃんに会った時は、
ピョコピョコと少しの間、短いしっぽを振ることがあります。


小太郎はフレンドリーで、どんなワンちゃんにも近づき、匂いを嗅いで
挨拶をするのですが、特に同じ犬種のビーグル犬に会うと、
それはもうとっても嬉しそうに、しっぽを大きく振って、たとえ
道の反対側にワンちゃんがいても近づこうとします。


ビーグル犬と大き目のヨークシャテリア

シンクロ。意外と形が似ているように見える(笑)。



動画などで、鏡に映った自分に吠えたり、びっくりしている犬を見ますが、
ピノと小太郎は、鏡に映った自分には知らんぷりです。
反応しないということは、自分が写っているということに気が付いているのでしょうか?
自分の姿を分かっているから、似ている犬に親近感をもって接することが
できるのだと、私は思っているのですが。。。
でも、自分に似た匂いで、判断しているかもしれないし、そこらへんはどうなんでしょうね。

  • 2018.10.09
  • 16:58

小太郎、道路の真ん中で

先週末、ドキッとする事件が起きました。
散歩中に気の合うワンコに会って、小太郎は楽しそうにはしゃいでいたのですが、
そのとき、小太郎の首輪がスポッっと抜けてしまったのです。
そのまま嬉しそうに走って、歩道から車道側に出てしまい、
道路の真ん中でうれしそうに走り回り始めました。


私は心臓がとまりそうでした。
幸い、車の通りが比較的少ない道だったのと、一緒にいた散歩仲間の
飼い主さんたちがライトで合図をして車を止めてくれ、
なんとか捕まえることが出来、小太郎は無事でした。
でも私は、夕食がのどに通らなかったし
夜寝る前まで、ずっとドキドキが収まりませんでした。



首輪を頭の反対側に引っ張っても抜けないか、
ちゃんと確かめてから散歩に行くべきでしたし、
まだ若くて元気なタイプの犬は、首輪だけでなく
ハーネスも付けて2重にするくらいが丁度よいのかもしれません。
また、おやつがなくても、「おいで」の合図でちゃんと
私の方へ来るようにしつけておくべきだと反省しました。


箒で遊ぶビーグル犬
ほうきを引っ張り出してきて遊ぶ小太郎



無事で本当によかったけれど、
車の運転手さんや、一緒にいた方たちも巻き込んでハラハラさせてしまいました。
散歩は毎日のことで習慣になっているから、まさか自分の犬が事故に
遭うなんて普段は考えないけれど、いつものことだからこそ、
油断すべきではないんだなぁ、と考えた週末でした。


 ***犬用レインコートのatelier Noka
日々の出来事と愛犬のレインウェアのこだわり***

  • 2018.09.11
  • 16:20

ファション誌を買って思うこと

先週のお休み、久しぶりに、20代の頃よく読んでいた
『MORE』という雑誌を買いました。
購入したきっかけは、中をじっくり読みたいというよりも
付録のポーチが欲しかっただけなのですが、
本の中をパラパラと読んでいるうちに、
20代の頃とは読み方が変わってしまったことに気が付きました。


まず、当たり前なのですが、モデルさん達が若い!!と思ったこと。
昔は、綺麗なお姉さん!こうなりたい!という憧れの目線でみていたのに、
今は、肌の綺麗さとか、足の長さとか、自分との世代ギャップを感じてしまいます。
昔は何度も見返して、好きなモデルさんの記事とか、洋服の所を切り取って
スクラップまでしていたのに、今はまったく興味がもてない(笑)


そして、2週間着回しのページなどには、
「このかっこで会社には行けないでしょ!!」とか、
「彼氏役の男性モデル、私好みではないなぁ。」
みたいなことを考え、斜め目線で見てしまいます。
紙質が違う本の後ろの方の、コラムやエッセイ、
映画や本の紹介をじっくり読んでしまうというのは、昔から変わらないけれども。
でも、こういう雑誌を読むと、買いたいものが増えて困っていた20代に比べて、
自分の好みがはっきりとしている今は、欲しい洋服や新しい小物類が特になく、
本の中と実生活は違うと分かっているので、広告イメージに影響されていないと
前向きにとらえることも出来るような気もします。


***

私は今年のお盆休みも、遠くには行かず、
DVDを見たり、免許の書き換え、お墓参りなど、地元でゆっくり
まったりしていました。
今年は猛暑で、暑さに参っていたのに
お盆が過ぎて8月も後半になると、朝晩は少し涼しい風が吹くので
夏がもうすぐ終わっってしまうという寂しさを感じてしまう今日この頃です。


 ***犬用レインコートのatelier Noka
日々の出来事と愛犬のレインウェアのこだわり***

  • 2018.08.21
  • 14:31

atelier Noka 7周年! (後編)

前回に引き続き、atelier Nokaの7周年を記念して、
年ごとの記録をまとめておこうと思います!
前編はこちら⇒
https://atnoka.com/hpgen/HPB/entries/280.html


■2014年
人気ライターの穴澤賢さんの愛犬、大吉くんと福助くんにレインコートを作成し、
そのときのインタビューが『いぬのきもちweb』 に掲載される。 


⇒憧れの『いぬのきもち』での掲載で、嬉しくてしょうがなかった時です。
でもこうなったらいいなということは、自分のなかで勝手に無理だと決めないで
具体的にイメージしていると実現しやすいのかなー、ということにも気が付いてきた時です。


■2015年
『いぬのきもち』(雑誌) 2015年6月号・リニューアル第一号のP,10に、
レインコートがプレゼント掲載される。


『いぬのきもち』2015年6月号


『BUHI』2015年夏号(オークラ出版/6月27日発売)ほんとうに使えるグッズ特選街(P,57)に掲載される。


BUHI 2015年夏号掲載

⇒好きな雑誌に続けて掲載されて、少し気持ちが浮き立っている時期。
でも、毎日楽快適に嬉しい気持ちで過ごしていると、良いことが起こりやすい、
というのは本当だなと思います。


■2016年
犬との散歩バッグや犬用ベッドをオリジナルで作成する、株式会社デロリアンズとコラボレーション作成をした
形状記憶保持芯入りのフード付きレインコートが『日経MJ』の新製品紹介に掲載される。


日経MJ2016年5月25日記事

中型犬サイズの他は、すべてアトリエで受注作成したことなどが重なり、
色々な業務を1人でやっていくことは無理があると気が付いた時期。
時間の使い方や仕事方法を見直さなければ、と考えていた時期です。


■2017年~2018年


既存のレインコート8サイズのラインナップはそのままに、フード付きレインコートの見直し、
デザインの微調整(マジックテープの長さや太さの調整、お腹ベルトの長さ位置、前身ごろの角度など)
をしていく。


仕事内容が確立した半面、これからどうやって変化していけばいいのかなど、
考えてしまう時間が増えています。
何冊か本も読んだけれど、書かれている根本的な内容は同じであることが多いと気が付いてきました。
結局、『自分やお店がどうなると毎日充実するのかを決め、すこしずつ動く』それだけだと思います。
利益とか、時代についていくとか、色々大切なこともあるけれど、
言われていることをすべてやっていたら、自分を見失ってしまいます。
これから、atelier Nokaはどうなっていくのだろう?
新しく、こうして変化していきたい!という明確な目標がまだ見つかっていない時期ですが、
こういう時期も楽しみながら続けていきたいと思っています。


また、2年目くらいから気が付いてきたことなのですが、
お店の継続のヒントは、継続して応援してくださるお客様のおかげなのです。
何年か後に新調で買い替えてくださる方、
新しく迎えたワンちゃんにも当店でそろえてくださる方、
散歩友達のワンちゃんに紹介してくださる方、などなど。
そして、続ける元気の源は、メッセージや写真を送ってくださったり、
届くのを楽しみにしてくださっている方々です。
本当にいつもありがとうございます。
7年目の感謝の気持ちを込めて。


2018年7月18日  atelier Noka  矢作


 ***犬用レインコートのatelier Noka
日々の出来事と愛犬のレインウェアのこだわり***

  • 2018.07.18
  • 12:24

atelier Noka 7周年!

おかげさまで、2018712日、atelier Noka7周年を迎えることができます!!

7年間本当にあっという間だったのですが、今回ブログにて、年ごとにどんなことがあったのか

2回に分けて掲載してみたいと思います。


2011年 始まりの年

派遣職員の3か月ごとの更新などに不安を感じていた事務職をやめ、お店を立ち上げました。

立ち上げた時点では、中型犬2サイズ(現在の柴犬とフレンチブルドッグサイズ)のみでした。

今から思えば、何も知らないまま、よく始めたなと思うのですが、なにも知らないから考えすぎず

スタートできたのかも知れません。今、2011年の私にアドバイスするとしたら、

はじめは副業からスタートしたほうがいい、と伝えます(笑)


2012

小型犬、大型犬のサイズを少しずつそろえていく。

この時点では、売れ筋の中型犬サイズのみ縫製業者さんに縫製をお願いし、

その他サイズとオーダーメイドでの作成をアトリエノカにて作成していました。

はじめて12年は反響もまばらで不安も多く、いつもアルバイトとの掛け持ちを考えていました。


2013

□梅雨時期前、新宿伊勢丹のdogdecoのオーナーさんが、画像検索で当店のレインコートを

見つけてくださり、それから毎年梅雨時期に販売をしてくださることになりました。


Nokaのレインコートを着たダックスフンド2匹


□同じころ、
atelier Nokaの近所で、愛犬ピノもお世話になっている、まつざか動物病院にレインコートを展示販売していただきました。

20135月~20147月)


□犬のレインコート情報サイト『犬のレインコート広場』作成(
6月)


2013
年頃ようやく、仕事らしくなってきました。

HPの作成や更新などが苦手だったので、パソコンの前に座っている時間は楽しいものではありませんでした。

今も苦手なままですが、この頃はすごく時間がかかっていました。


⇒後半
2014年~は来週記載いたします♪


 ***犬用レインコートのatelier Noka
日々の出来事と愛犬のレインウェアのこだわり***

  • 2018.07.11
  • 16:41

↑30日間、サイズ交換も無料です。

アトリエ ノカレインコートの特徴

 

↑サイズの選び方はこちらから

atelier Nokaブログ

  動画完成しました!

商品は翌営業日までに発送いたします。
  • 今日
  • 定休日
  • 配送のみ

・商品は1~2営業日以内に発送いたします。
・TEL
048-242-3973
(平日9:00~12:00/
    14:00~17:00)

ページトップへ