atelier Nokaブログ

秋のダイエット


いつもご飯の前は、ピノも小太郎もとても嬉しそうで、大はしゃぎ。
いつも目をキラキラさせています。
でも犬には、太りやすい犬種があるそうで、
小太郎はその代表のビーグル犬。
何でも食べてしまうので注意が必要で
夏の間は、木になっているミニトマトを自分の口でもいで
そのまま食べていたり、落ちている青い柿を拾い食いしたり、
魚を焼いた七輪をかじっていたりしてました(汗)


そして暑さを理由に、散歩時間を短くしてしまったりしたので、
10キロが適正体重のところ、10.96キロまで増えてしましました。
1キロのダイエットというと簡単に感じるかもしれませんが、
人間でいうと5キロくらい。
運動量を増やしたり、ご飯におからを混ぜたりして頑張っています。


おやつを見るビーグル犬
↑小太郎の目線の先には、おやつが。



あと侮れないのが、おやつの量!
家族がみんな、少しずつでもあげていたり、
散歩時、顔なじみの人たちが
おすそ分けしてくれることもあるので、
少しずつでも、犬が食べているのは結構な量になってしまいます。

秋は大好きなお芋を食べる機会も増えるので、油断せず、
ダイエットが成功するといいな!!


***犬用レインコートのatelier Noka
日々の出来事と愛犬のレインウェアのこだわり***

  • 2019.09.17
  • 15:50

本が増えたら

お盆休みが終わった時期ですが、みなさんと
ワンちゃんは元気に過ごしていますか?
毎年お盆前後の猛暑の時期に、うちのピノは夏バテを
するのですが、今年も元気がなく何も食べない日がありました。
いつも、食欲旺盛な子なので、少しでも食べない日があると
とても心配になってしまいます。

この時期は、旅行されたり、田舎に行ったりする方も
多いと思うのですが、私は混んでいる時期に旅行に行く気にもならずに、
親戚はみんな近くに住んでいるので、田舎もなく、
ずっと地元にいて、本を読んだり、学生時代の友達に会ったりして
のんびり過ごしていました。

ところで、家で過ごすのが好きな方は、本を読むのが好きな方も
多いと思うのですが、増えていく本はどのように片づけていますか?
私の場合は、全然面白くなく他の人にも約に立たなさそうな本はすぐ捨て、
まあまあ良かったけれど、2回目は読まないだろうと思う本は、
何冊かたまったらすぐにブックオフへ。
そして、いつかまた読もうと思う本は、本棚へしまうのですが、
この「いつか時間があったらまた読もう」と思っている本がやっかいで
また読む機会も少ないし、どんどん増えてしまうのです。

そこで、私が数年前から実践している方法が、
「大事なところだけメモするか、必要なページだけ切り取って捨ててしまう」です。
これは、自分で、大事な箇所はどこか考えて抜粋して
メモしたり切り取るので、すごく記憶に残ります。

本棚にしまってあるものは、なんとなくのあらすじや要点は分けるけれども
読んだことだけ満足して本の内容を説明できなかったりしませんか?
その点、捨てることを前提だと、大事なところは、見落とさないように
書き留めるので、自分の必要なところを捨てないように考え
すごく、インプットされるのです。


もちろん、何度も読みたい物語や、手元に残しておきたい本は、
捨てるべきではないけれども、
この作業をしていると、違う著者の本でも言いたいことは同じだなぁとか、
まったく正反対のことが書かれているなあ、などと、
発見するのも楽しいし、メモだけ残るので本棚をすっきり保てて、お勧めです。



***犬用レインコートのatelier Noka
日々の出来事と愛犬のレインウェアのこだわり***

  • 2019.08.19
  • 16:20

忙しいほどストックが増える

今年の梅雨は、とても長く感じますね。
去年は真夏日が多く、雨の日が少なかったから
余計そう感じるのかもしれません。
atelier Nokaは、レインコートを扱っているお店なので、
雨の日が多いというのは、うれしいことなのかもしれません。


でも、忙しい日が続くと少し困ったことも出てきます。
私の場合は、レインコートのデザインをシンプルにしているように、
生活全般もシンプルに過ごせるよう、どちらかというと
たくさんの物を持つ生活よりも、ミニマリストに憧れる
タイプなのですが、なぜか忙しい日が続くと、
たとえば、トイレットペーパーやティッシュなどの
ストックをたくさん持ちたくなってしまうのです。

梅雨に入ってから、ドッグフードなどの食料品の他、
タオル、洗剤、ボールペンの替え芯、メモ帳、靴下etc...。
洋服も買ったのですが、買い物を楽しみたいわけではなく、
着る頻度の高い衣料品の、まったく同じものか
色違いを、予備として欲しくなるという心境です。


これは、買い物をする時間もなくなってしまったら
どうしようという、心配の現れなのでしょうか(笑)
でも、本当に忙しいと買い物の時間もないと思うので、
まだまだ余裕があるのかもしれないですね。


***犬用レインコートのatelier Noka
日々の出来事と愛犬のレインウェアのこだわり***

  • 2019.07.23
  • 10:49

Shi-Ba(シーバ)に掲載されました!!

ずっと気になっていた犬雑誌Shi-Ba【シーバ】。
当店の柴犬サイズとフレンチブルドッグサイズのレインコートが
7月号(Vol.107、2019年5月29日発売)のP,37に掲載されています。

なぜ気になっていたかというと、4年ほど前「柴犬の梅雨の過ごし方」
というテーマで、モデルのワンちゃんがレインコートを着るという
企画で紹介してくれると、雑誌のスタイリストの方から、連絡をもらえたのですが、
そのとき新宿伊勢丹での販売や、犬のきもちの取材のあとで、
仕事が回らなくなっってしまう可能性を考えて断ってしまったのです。

実際はそこまで忙しくならなかったのですが、何日も睡眠がとれなかったらどうしようとか、
発送のミスがでたらどうやって対応しようとか、
今から冷静に考えれば、小心者過ぎて笑える心配だったのだけれど、
そのときは心配性すぎる性格が勝ってしまったのです。


Shi-Ba シーバ2019年7月号p37

柴犬サイズのレインコートを作ったことが、うちお店の始まりだったことや、
以前から知っていた雑誌なので、心の片隅で後悔をしていました。
なので、今回再び声をかけていただいて、柴犬の専門誌に載せてもらえたのは、
光栄なことで、とても嬉しいです。

そして、雑誌を見ながら、やはりプロに任せられるところは、
やってもらったほうが、うまくおお店の業務はまわるかもしれない、と考えています。
たとえば、商品写真はプロの人に撮ってもらった方が、各段綺麗だし、
同じワンちゃんに2サイズ着てもらった写真を載せるということも、
私には思いつかなかったけれど、実際にサイズを選ぶ方にはとても参考になりそうで
分かりやすいです。

これからは、自分で出来ることはひとりで全部やろうという考えではなく、
頼めるところや得意でない分野は、クラウドソーシングしようと考えています。
まずは、私が撮影すると色写りが悪い、商品写真からだー。

***犬用レインコートのatelier Noka
日々の出来事と愛犬のレインウェアのこだわり***

  • 2019.06.04
  • 16:32

長い休みが終わったら

新元号の発表があったと思ったら、
すぐに令和になって、あっという間に半月が過ぎました。
今年のゴールデンウィークは10連休だった方も多いようですが、
みなさん良いお休みだったでしょうか?


私はゴールデンウィーク中も、土日以外は仕事をしていたのですが、
みんながお休みのとき、特に天気がよかったりすると、
「仕事をしている場合ではない!」と思ってしまうので、
どちらかというと、みんなと同じことをしているほうが安心し、
バリバリ働きたい事業主ではないのかもしれません。


ゴールデンウィークのはじめ、駅近くのカフェの窓側席で
ランチを食べたのですが、駅に向かう人たちが、みんな
のんびりと歩いていて、急いで歩いている人たちを見るよりも
ゆっくり楽しそうにしている人たちを見ている方が、
面白いなぁ、と思っていたりしました。
それと、5月の爽やかな天気のいい日にゆっくりと
犬と散歩をするのは、1年の中で一番楽しい時期かもしれません。


5月の庭にて。ヨークシャテリアとビーグル犬


ところで、10日間も休みがあると、何をしていいかわからず、持て余してしまった、
という話を何人からか聞きました。
みんなが休みの時は、旅行に行くにもチケットが高かったり、どこも混んで渋滞
だったりしますものね。
また、サービス業の方は、長い間休めなかったり、
事務職の人は、連休明けにたまってしまった仕事にうんざりしたり。


私は、みんなが少しずつ、大勢の人たちとかぶらない時期に休みが取れたり、
毎日の労働時間が短いほうが楽しく過ごせるような気がするけれども
他の人はどう感じたのだろう。


***犬用レインコートのatelier Noka
日々の出来事と愛犬のレインウェアのこだわり***

  • 2019.05.14
  • 16:55

僕にも貸してほしいな。

何匹かの犬を一緒に飼っていると、それぞれの性格の違いが見れるのも楽しいものです。


たとえば、散歩時のうちの場合。
小太郎はとてもフレンドリーなので、よその散歩中のワンちゃんをみつけると、
警戒して吠えてくる犬でも、大きな犬でも、とてもうれしがり、
私が引っ張っても動かずその子が来るまで、フセをして待つのですが、
それに対して、あまり他の犬とは関わりたくないピノは、
他の犬と目を合わさないように下を向いて歩いていることが多かったりします。
ペースが全然違うので、2匹を一緒に散歩することは難しいです。


木をかじるビーグル犬とそれを見るヨークシャテリア

そしてこの写真、2人の性格を知っている私は、いつも笑ってしまいます。
ピノは小太郎がかじって遊んでいる古木を、自分もかじりたいのですが、言い出せず、
うしろから見ている様子です。

ピノは小太郎よりも5歳ほど年上なので我慢している、もしくは、
自分よりも大きな犬なので手をだせない、とも見えるのですが、
これは、自由奔放で遊び好きな小太郎の性格と、シャイで内気なピノの性格が、
良く出てるなぁと思っています。



このあとピノは、小太郎がかじり飽きて離れてしまってから、木をカジカジしていました。


 ***犬用レインコートのatelier Noka
日々の出来事と愛犬のレインウェアのこだわり***


  • 2019.04.16
  • 16:28

コーヒー豆を煎る

以前から好きなコーヒー。
3年ほど前もコーヒーの生豆をフライパンで焙煎したことが
あったのですが、先週末はお米を炊くときに使っていた
南部鉄器のお釜で焙煎してみました。
あまり期待していなかったのですが、出来あがったコーヒーは、
とっても、美味しい!!


以前は、ゴマを煎る小さなフライパンで煎ったため
焼きムラが多く、味も微妙だったので、すぐに辞めてしまったけれど、
今回はいつも通っているコーヒー店のマスターが生豆販売OKと
言ってくれたことと、厚めの釜の方が、じんわりと均等に熱くなって
うまく焙煎できるのではないかと考えての再チャレンジでした。


自分で焙煎したコーヒー


ところで私は、とても心配性なので、お店の商品を送った後でも、
サイズは大丈夫だっただろうかとか、時間通りに配達されたかな、
など、今心配をしてもどうにもならないことを考えてしまうことが多いです。
何か問題があったら、その時にすぐに対応すればいいことなのに、
雨が続いて忙しい時ほど、心配が多くなってしまいます。


でも、何か好きなことを集中して無心になってやっていると
日常の心配を忘れられるので、とても落ち着きます。
きっと、編み物や刺繍とか、プラモデルを作るようなことが趣味な人達も、
手を動かして、少しずつ出来上がっていくことに
集中できるので、同じような感覚なのかなー、と思います。
コーヒーの焙煎の場合は、豆の色が少しずつ変わっていく
過程を、じーっと見ているのがとても楽しい!


趣味で作る物や食べ物は、材料をそろえたりする手間や作成の時間を
考えると、出来たものを買ったほうが、ちゃんとしているし
安かったりするのだけれど、でも、そこに自分が楽しいという
時間が加わると、値段以上の価値があるのではないのかと、思っています。


***犬用レインコートのatelier Noka
日々の出来事と愛犬のレインウェアのこだわり***

  • 2019.03.12
  • 17:52

好きなことを続けること

短大時代からの部活の友達が、自宅のすぐ横に
お花屋さんをオープンしたので、先週末遊びに行ってきました。

彼女のお店は、シックでナチュラルで、少しアンティーク感もある
ヨーロッパ的な雰囲気のお店です。
置いてある花は、ニュアンスのある落ち着いた色の花が多く、素敵すぎて、
ずっと居たくなってしまう空間なんです。


その友達は、短大を出てから花を学んで、それからずっと
花屋さんで仕事をしています。
対して私は、花の仕事を5年ほど、派遣での事務職が4年ほど、
今の通販の仕事が8年目と、中途半端な経歴なので、
ひとつのことを、ずーっと続けてるのってすごいなー、
とお花のセンスを見ながら感じたのでした。

ちょうどいま、私は確定申告の時期なので、
数字を見ながらパソコンに向かっていると、
一人で仕事をしているポツンとした感じを受けてしまい、余計、
カフェを経営したり、店舗のある接客業の仕事に憧れをもってしまいます。


でも、一人で作業をしていても、縫ってくれる業者の方、
サイトの更新を手伝ってくれる妹、買ってくれるひと、
使ってくれている人と犬たち、、、
個人事業とはいえ、個人ではないなと、
彼女のお店で買ったテーブル上の花に元気をもらう、2月です。


生田,読売ランド前,花,アレンジメント,フローリスト

https://www.instagram.com/5513.fiore.mari/
神奈川県の生田駅or読売ランド前駅が最寄り駅
近くの方は是非♪


***犬用レインコートのatelier Noka
日々の出来事と愛犬のレインウェアのこだわり***

  • 2019.02.19
  • 16:50

2019年☆1年があっという間という感覚をなくしたい

こんにちは!今日は、1月15日。今年初めのブログです。
ちょっと前までお正月だったのに、もう半月も経ってしまった
なぁ。。。という感じかします。


年末に、1年間がとても早くて、やりたかったことが出来ていないなぁ、
私自身が何も変わっていないなぁ、と思っていたところ、
「年単位で昔のことを振り返った場合、数日間単位で考えるよりも
時間が早く過ぎていると錯覚する」ということを聞きました。
つまり、過去のことを振り返る場合、短い単位で振り返った方が
時間をたくさん使えていると、感じるそうです。


なので、日記帳やスケジュール帳などを利用して、
その日のこととか、1週間などの細かいスパンで振り返ると良いそうです。
特に、その日1日や1週間の、良かったことや楽しかったこと、
いつもと違う新しい体験や発見を見つけて、短い単位でメモや手帳に記録すると、
振り返ったときに充実して良い一年だったなぁ、と思うそうですよ。


ちょうど昨日、ピノと散歩をしているとき、
成人式だったので、着物姿でお母さんに写真を撮ってもらっている
二十歳の女の子をみたとき、そういえば、私も家の前で写真を
撮ってもらったなぁ、と数年前の思い出の様に感じたけれど、
良く考えるとそれはもう20年前のこと!!
すごい時間感覚の違いを感じたけれど
それは、けっこう昔のことを振り返っているからだよね、と納得しました。


毎日日記のようなことを書くのは難しいけれど、
今年は、手帳に新しく始めたこと&楽しかったことにはピンクの星印を
付けて、年末になったときに、たくさん集まっているようにしよう!!


2019,バスツアー,はちみつ養蜂所,いちご狩り

今年初めの星印☆ バスツアーで、養蜂所見学やいちご狩りに行きました。
それでは、今年もどうぞよろしくお願いいたします。


***犬用レインコートのatelier Noka
日々の出来事と愛犬のレインウェアのこだわり***

  • 2019.01.15
  • 17:58

おくりものはナンニモナイ

クリスマスが近いと、身近な人への贈り物を考えるけれど、
私はここ数年、リクエストがなければ、食べてなくなってしまうもの
を渡すようにしています。
私たちは、生活に必要なものは十分すぎるほど持っていると思うし、
他の人からいただいたものは、必要がなくなっても、捨てにくいから。


そして、プレゼントについての考え方を変えてくれる、私の好きな本がこちら


『おくりものはナンニモナイ』の絵本

『おくりものはナンニモナイ』パトリック・マクドネル著/谷川俊太郎訳


猫のムーチは、大好きな犬のアールにプレゼントをあげようと
考えるのですが、何をあげようか迷いに迷い、結局渡したものは?というお話。
「Less is more、少ないほど豊かだ」という私の好きな考え方が、
とっても可愛く書かれています。


とはいえ、小さい子供達は、やっぱりプレゼントがあった方が喜ぶと思うので、
私は甥っ子姪っ子には、毎年、絵本とクッキーなど、置き場所に困らないものを
渡しています。今年はこの本をプレゼントしようかな(笑)


本当は、ワンちゃんのクリスマスプレゼントに、こんなものはいかが?
というようなブログを書かなければいけないのかもしれないのだけれど、
ワンコも、たくさん持っているおもちゃや洋服をもらえるよりも、
飼い主さんと過ごせる時間が長い方が、喜んでくれるのかもしれませんねー。


***犬用レインコートのatelier Noka
日々の出来事と愛犬のレインウェアのこだわり***

  • 2018.12.04
  • 11:31

↑30日間、サイズ交換も無料です。

アトリエ ノカレインコートの特徴

 

↑サイズの選び方はこちらから

atelier Nokaブログ

  動画完成しました!

商品は1~2営業日以内に発送いたします。
  • 今日
  • 定休日
  • 配送のみ

・商品は1~2営業日以内に発送いたします。
・TEL
048-242-3973
(平日9:00~12:00/
    14:00~17:00)

ページトップへ